50ism.comトップページへ
50ismコラム
50ism 50歳以上限定ポータルサイト50ismトップページ

文字サイズ
大 中 小

メニュー
今話題の「アキバ」って…!?(3)
今話題の「アキバ」って…!?(2)
今話題の「アキバ」って…!?(1)
娘に言われたあのアーティスト

イマドキ★カルチャー研究所 - 第3回




第3回 『今話題の「アキバ」って…!?(2)』




それは、とある会社での、とある昼休みの出来事―。

いやー、部下クン、昨日君のうちで見た「電車男」は面白かったね!
オタクの話というと敬遠しがちですが、笑えて泣ける良い話だったでしょう?
大ヒットしたというのも頷けるな!
「電車男」で「アキバ」について理解を深められたんじゃないですか?色々とオタク文化の象徴が出てきましたよね。
メイド喫茶に、「萌え」や「キターッ!」とかな。
おお、よく覚えてますね、部長!
「電車男」の主人公、あれが「アキバ系」の代表なんだよな?
そうですね、彼が典型的な「アキバ系」のイメージです。
そもそも「アキバ系」というのは何なんだ?「電車男」を見てなんとなく雰囲気は分かったが、定義が今ひとつはっきりしないんだ。
「アキバ系」というのは、その名の通り、秋葉原のオタクカルチャーが好きな人で、オタクファッションをしている人のことですね。AkibaBoyの略で「A-Boy」とか呼ばれることもありますね。
オタクファッションていうのは、あの電車男もしてた、バンダナとかのことか?
背中にはリュック、頭にはバンダナ、ズボンは色の薄いジーンズ、がオタクファッションの3大要素って言われてます。
確かに、ちょっと流行のファッションとは、ずれている感じがあるな。
彼らは主にアニメやゲームやコンピュータが好きで、好きなものへの情熱はすごくて、惜しまずにお金を使うんですよ。
彼らは、アニメやゲームに「萌え〜」なんだな!
部長、もうすっかり「萌え」の使い方マスターしましたね!
「電車男」を見た成果だよ!
「萌え」は、例えばアニメのキャラクターなどに対して、自分が深い愛情を抱いているよ、ということをアピールする自己表現です。ほら、女子中高生が何でも「カワイイ〜!」って言うのと同じですよ!
なるほどな!そう考えると、女子中高生にも少し親近感が沸くな。
あ、そろそろ昼休みも終わりですね。
今度は、もう少し「アキバ」の街について教えてくれよ。私が知っている昔の電気街「秋葉原」と、どう変わってきたのか…。
分かりました!ハテナ部長、なんだか積極的になってきましたね。
そうだな、やっぱり新しい刺激を自分の中に入れるのは、いいものだな。とても面白い体験だよ。ありがとう、部下クン。これからも、よろしく。
やめて下さいよ、部長。そんなこと改めて言われると、照れますってば!じゃあ次は更に「アキバ」の街について説明しますね。


第4回へつづく。

 ■ 本日のキーワード「アキバ」についてのまとめ(2)

 □ 『アキバ系』 = 秋葉原にいる、オタクファッションの人

 □ 『オタクファッション』 = リュック、バンダナ、色の薄いジーンズ

 □ 『萌え』は、ある物に対しての深い愛情を表す自己表現

 続きは次回!



予告 ◆ 次回は2/13(月)
ハテナ部長が「アキバという街の今」に迫る!


( 2006年2月10日 文章とイラスト/オカムラワカナ )