50ism.comトップページへ
50ism健康
50ism 50歳以上限定ポータルサイト50ismトップページ

文字サイズ
大 中 小

こんにちは、ゲストさん ログイン
栄養満点の明日葉とは
健康と食に関するコラム
第6回:とうがらしと健康
第5回:ココアと胃炎?
第4回:栄養満点の明日葉とは
第3回:食物繊維がガンを防ぐ!?
第2回:干物に添える大根おろしの効果
第1回:ガンを緑茶で治す
ダイエット
黒酢特集
寒天特集
バジルシード特集

コラム第4回:栄養満点の明日葉とは(1/15)
明日葉は、栄養素のなかでもカリウム、食物繊維を多く含んでいることが大きな特徴です。
具体的には、明日葉の可食部100g中には、食物繊維(5.6g)、たんぱく質(3.3g)、ビタミンE(2.8mg)、カリウム(540mg)が含まれいます。これは、豊富な栄養素で知られているケール(青汁の原料)やホウレン草などの青菜と比較しても、ビタミン、ミネラル、食物繊維の含有量は群を抜いています。
また、明日葉はセルライト解消や美肌、便秘解消などの効果も知られており、女性に人気の素材となりつつあります。
アルツハイマーに
アルツハイマー型痴呆症の予防や治療には、神経成長因子(NGF)<Nerve Growth Factor>が有効であると言われいます。近年の研究により、明日葉にはこのNGFの生成を促す作用が、ホップや紫ウコンといった植物の15-20倍あることが確認されています。

NGFとは:神経細胞の生成や維持に関わるたんぱく質であり、脳神経の機能の回復や、脳の老化を防止する作用があります。
便秘・冷え性・セルライトに
便秘 人参やホウレン草の2倍の食物繊維が含まれており、胃腸のはたらきを活性化させ、便通をよくします。

冷え性 カリウムが多く含まれているために利尿効果があり、水分代謝を活発にし、むくみを取り除き、血液の循環を改善し、冷えを防ぐ効果があります。

セルライト 明日葉の葉や茎から出る黄色い汁のフラボノイド「カルコン」には、セルライトを解消する作用があります。
明日葉を美味しく飲みましょう
明日葉の摂取には、ジュース作りが手軽でオススメです。簡単な調理方法としは

1 ご自宅のミキサー等をご利用していただき、こし器でしっかりとこし、繊維を取り除きます。
2 これに、果物ジュースと割って飲んだり、また粉末にした明日葉をヨーグルトやケーキミックスに混ぜてお使い頂くと、便利で召し上がりやすいです。