50ism.comトップページへ
50ism健康
50ism 50歳以上限定ポータルサイト50ismトップページ

文字サイズ
大 中 小

こんにちは、ゲストさん ログイン
ガンと緑茶
健康と食に関するコラム
第6回:とうがらしと健康
第5回:ココアと胃炎?
第4回:栄養満点の明日葉とは
第3回:食物繊維がガンを防ぐ!?
第2回:干物に添える大根おろしの効果
第1回:ガンを緑茶で治す
ダイエット
黒酢特集
寒天特集
バジルシード特集

ガンと緑茶
緑茶には素晴らしい薬効があることが、様々な研究で判明しています。そのなかでも「緑茶を多く飲む人ほど、がんになりにくい」という埼玉県立がんセンターによる疫学調査の結果は、特に話題になりました。埼玉県立がんセンター研究所は、地域住民の健康に影響を及ぼす生活要因を探るために、約8500人の住民を対象に、8年間にわたって生活習慣と健康状態を調査しました。そして、お茶を毎日10杯以上飲む人(Aグループ)、毎日4〜9杯飲む人(Bグループ)、毎日3杯以下の(Cグループ)に分けて、各グループのがんによる平均死亡年齢を比較しました。

その結果、男性では、Aグループが70.3歳、Bグループが68.4歳、Cグループが65.8歳、女性では、Aグループが74.1歳、Bグループが70.9歳、Cグループが67.6歳と、驚くほど明確に、「がんによる死亡はお茶を飲まない人ほど早く、お茶を飲む人ほど遅い」という結果が出たのです。
緑茶の成分?
緑茶には、カテキンやカロチン、ビタミンCが多く含まれています。これらの成分は、人間の体内で出来る活性酸素などのフリーラジカルの害を防ぐといわれています。この作用から、がんの発生を抑制すると考えられています。
例えばこんな緑茶
食事のおともに食物繊維入り緑茶 60包 お湯や水にさっと解ける粉末タイプの食物繊維入り緑茶です。でんぷんを原料とする食物繊維の一種、水溶性食物繊維難消化性デキストリンが食事に含まれる糖分が小腸から吸収される速さを遅らせ、食後の血糖値の急激な上昇を穏やかにします。