50ism.comトップページへ
50ism健康
50ism 50歳以上限定ポータルサイト50ismトップページ

文字サイズ
大 中 小

こんにちは、ゲストさん ログイン
干物の魚に大根おろしを添えると・・?
健康と食に関するコラム
第6回:とうがらしと健康
第5回:ココアと胃炎?
第4回:栄養満点の明日葉とは
第3回:食物繊維がガンを防ぐ!?
第2回:干物に添える大根おろしの効果
第1回:ガンを緑茶で治す
ダイエット
黒酢特集
寒天特集
バジルシード特集

干物の魚に大根おろしを添えると・・?
昔からやっている習慣ってありますよね。特に意識していないけど、そういえばやっている、というもの。その一つに、干物の魚に大根おろしを添えるというのもあるかもしれません。
でも、昔から受け継いでいる習慣には「意味」があることが最近の研究結果でわかってきています。
干物をつくるには魚を光に当てなくてはいけません。その際、魚内のたんぱく質が変成し、硝酸塩、亜硝酸塩、二級アミンなどの物質が発生してしまいます。これらがだ液や胃液によって、発がん物質・ニトロソアミンに変性する可能性があるのです。

一方、大根おろしの大根には、リグニンという植物繊維や消化酵素のジアスターゼが含まれています。これらは発がん物質を中和する作用があります。
ですから、干物の魚に大根おろしを添えるのはとても良いことなのです。
知らないでいつの間にかやっていたこと。これは先祖から受け継いできた大切な贈り物なのかもしれませんね。